d払い

d払い(読取型決済)の特徴とメリット

d払い(読取型決済)の特徴とメリット

ここでは、d払い(読取型決済)を導入する際の加盟店のメリットをご案内します。

初期費用・月額費用0円

初期費用・月額費用は無料です。

かかるのは、加盟店手数料3.24%(税込)のみです。

機器導入不要

d払いの「読取型決済」は、専用のQRコードをレジ横などに掲示しておくだけなので、決済端末機やスキャナーなどの導入は不要です。

必要なのは、インターネット回線に接続されたパソコン・スマートフォンだけです。

入金サイクルは月2回

d払いでの売上額の入金サイクルは、月2回となります。

売上入金日
1日~15日月末
16日~月末翌月15日

キャッシュレス推進キャンペーン実施中

「読取型決済」を導入しているd払い加盟店を対象に、キャンペーン対象期間中の月々のd払い決済金額の10%分(最大5,000円/月)が戻ってきます。

キャンペーン対象期間

2019年10月1日(火)0時~2020年6月30日(火)

ドコモのキャリア決済と連携

d払いは、月間1,500万人が利用しているドコモのキャリア決済と連携しているので、導入すればドコモユーザーの集客が期待できます。

ドコモユーザーならスマホのアプリの設定だけで簡単に始められ、安心して利用できます。

dポイントによる集客効果が期待

dポイントクラブは、会員数7100万人超の日本最大級の共通ポイントサービスです。

d払いでは、街のお店での利用は200円(税込)につき1ポイント、ネットでの利用なら100円(税込)につき1ポイントが付与されます。

dポイントで集客や購入単価アップが期待できます。